1. 会員が店舗の近くに来たらGPS通知 – お店を「忘れない存在」に!

会員が店舗の近くに来たらGPS通知 – お店を「忘れない存在」に!

2018.08.25

Zeetleカードサービスには、各種クーポン、Pushメッセージ配信、会員ランク別のメッセージ配信など、来店を促す様々な機能がありますが、お客様が持つZeetleアプリには、スマートフォンならではの来店促進機能があります。

それは、スマートフォンのGPS機能と連動して、近くにいる会員に店舗の情報を通知する機能です。


 思い出してもらえなければ再来店の可能性は低くなる!

お客様が来店する状況は様々です。クーポンコレクションサイトや店舗のホームページからショップカードを取得して意図的にあなたの店舗を目指してくるお客様もいれば、たまたま通りかかって新規来店するお客様もいるでしょう。

いずれの会員も初回で来店しても、しばらく来店する機会がなければ、如何に良いお店でも、店舗の存在を忘れてしまう場合があります。覚えていても、何かのきっかけがなければ、意識的に思い出せないということもあります。思い出せてもらえなければ、当然、リピートにはつながりませんよね。

 GPS通知は、思い出してもらう一つのきっかけになる

ZeetleカードサービスのGPS通知機能は、お店の存在を忘れてしまっている会員が店舗を思い出すきっかけを作る機能と言えます。

具体的には、Zeetleアプリが店舗の近くに来たことをGPSで察知します。そして自動的にお客様のスマホ画面にPushメッセージでお店の存在を通知するものです。

通知を受けたお客様は、「あっ、そういえばこの近くだっけ。最近行ってなかったな…久しぶりに顔だしてみよう!」など、場所の記憶とともに店舗を思い出してくれるでしょう。

予定していなくてもちょっとした「より道」感覚で来店していただけるかもしれません。

また、直接来店に繋がらなくても、少なくとも店舗を思い出してくれたのですから、次回の来店へのきっかけにはなってくれるはずです。

 来店時のお声掛けで、必ず設定してもらおう!

お客様に店舗の存在を思い出させるGPS通知機能ですが、一つ注意点があります。それはショップカード取得時の初期設定では、「OFF」になっていること。GPS通知機能はあくまでもお客様ご自身で許可いただく必要があります。

会員獲得のための声かけ実施の記事でも説明していますが、今一度、GPS通知設定の方法を見返してみましょう。

GPS通知は、ショップカードの「情報」メニューを開きます。画面下部にある「近くに来たら通知する」を「ON」にすることで機能します。

お客様が来店時ショップカードやポイント/クーポンカードを取得する際にはなるべくGPS機能をご案内し、通知機能をONにするよう促しましょう。